箱の本質FavoriteLoadingお気に入りに追加

Concept コンセプト

土間×オリジナルキッチン
移りゆく暮らしの表情

玄関を入ると、靴職人のご主人が作業スペースとして使用できる約4Jのモルタル土間が広がります。
その土間と隣り合うフリースペースには天井まで伸びる造作の本棚、そして向かいの寝室には
抜け感のあるガラスに木枠を合わせたオリジナルの内窓と扉が空間を緩やかに仕切ります。
LDは天井・壁の色味をホワイトで統一。
中央に置いた造作のカウンターキッチンはステンレス天板と木の腰壁をあしらった、シンプルなつくりに。
奥様こだわりの家具がより一層際立ちます。

気分や季節に合わせて想いのままに飾り付けていく”箱”…。
「暮らしを楽しむ」という家の本質をカタチにしたお部屋が完成しました。

Room plan 間取り

箱の本質

Outline 物件概要

所在地 神奈川県川崎市
間取り 1LDK
築年月 1972年9月(築44年)
専有面積 68.67㎡
家族構成 FAMILY
工事費 1,200万円~