webm170321-01
webm170321-01sp
webm170321-02

事前に準備しておきたい!物件購入時に必要な諸費用とは

webm170321-02

事前に準備しておきたい!
物件購入時に必要な諸費用とは

中古マンションを購入して、リノベーションをしたい!けれど、一体どれくらいのお金がかかるのだろう?物件費用とリノベーション費用…他に必要なお金ってあるの?予算内におさまらずに理想のリノベーションが実現できない、ということが起こらないよう、今回は「物件購入時に必要な諸費用」について簡単にご紹介いたします。

中古マンションを購入して、リノベーションをしたい!けれど、一体どれくらいのお金がかかるのだろう?物件費用とリノベーション費用…他に必要なお金ってあるの?予算内におさまらずに理想のリノベーションが実現できない、ということが起こらないよう、今回は「物件購入時に必要な諸費用」について簡単にご紹介いたします。

1.物件価格に消費税ってかかるの?

物件価格に消費税がかかるかどうかは、物件の持ち主が個人なのか法人なのかで変わります。持ち主が個人で、不動産会社が仲介している物件は、物件価格に消費税はかかりません。しかし、持ち主が法人で不動産会社が一度買い取って物件を販売している場合は、物件価格に消費税がプラスされます。総費用のうち、大部分を占める物件代金。不動産契約時には、目安として5%~10%の手付け金を支払う必要があるので、事前に準備しておきましょう。また、その他に仲介手数料、登記費用などが税金の対象となります。

webm170424-03
webm170424-03
webm170424-04
webm170424-04
2.物件価格以外に必要なお金

ここでは、物件価格以外に必要な諸費用について説明していきます。まず仲介手数料です。仲介手数料は、通常、物件売買代金×3%+6万円+消費税となっています。例えば、物件が3000万円なら約103万円と大きな金額になり、購入者の負担が大きくなります。次に住宅ローンを組む場合の銀行の保証料です。銀行の保証料とは、ローンの返済ができなくなった時に、保証会社に住宅ローンを肩代わりしてもらうために払うお金です。パーセンテージは決まっていますが、ローンの金額や保証会社によって支払う額が変わります。
※その他に必要な諸費用として、印紙税、登記費用、各種手数料、ランニングコスト・固定資産税・都市計画税の清算金があります。
nuでは、リノベーションの金額に応じて、物件購入の際、通常3%の仲介手数料が最大30%オフになります。詳しくは、担当者にお気軽にお問いください!

webm170522-05
webm170522-05
物件購入時に必要な諸費用についてご理解いただけたでしょうか?中古マンションの場合は引き渡しまでの期間が短いことが多いので、事前に準備が必要な金額の目安を把握しておくことが大切です。ぜひ資金計画を立てる参考にしみてくださいね。

物件購入時に必要な諸費用についてご理解いただけたでしょうか?中古マンションの場合は引き渡しまでの期間が短いことが多いので、事前に準備が必要な金額の目安を把握しておくことが大切です。ぜひ資金計画を立てる参考にしみてくださいね。

TOP